Baby gift 

妊娠・出産・子育て・美容など日々変化する女性を自身の経験を活かし応援します 目指せ!イキイキ素敵ママ!

妊婦さんの食べていいものダメなもの なんで食べてはだめものがあるの?

妊娠したら以前より気を付けることが増えますよね。

よく聞くのがカフェインが良くないのでコーヒーを控えるように等々。

では、なぜダメなのでしょうか?
具体的に食べるのを控えたほうがいいものをご紹介します。

食べないほうがいいものがあるのはなぜ?

f:id:carino-mare-doo:20181217161351p:plain
妊娠するとしっかり食べたほうがいいものと控えたほうがいいものがあるのはお腹の赤ちゃんの発育とママ自身の健康の為です。

ママが摂取した食事で赤ちゃんは育ち、必要な臓器などができてきます。

食材の中には赤ちゃんの成長の妨げになったり、子宮を収縮させたりするものもあるのです。

妊娠中は特に免疫機能が下がります。
そのため食中毒にかかりやすくなり最悪の場合流産・早産の危険性も出てくることがあります。

赤ちゃんとママのためにも食事には気を付けなくてはいけません。

注意が必要な食べ物・飲み物

生もの

f:id:carino-mare-doo:20181217170539j:plain
妊娠では免疫力が下がり、菌やウイルスに感染しやすくなるため胎児にも悪影響を及ぼす危険が高まります。

加熱が十分ではない生ものによる食中毒!注意が必要です。

特に注意が必要な感染源①トキソプラズマ

f:id:carino-mare-doo:20181217165414j:plain
加熱が十分ではない肉や猫の糞や土の中などどこにでもいる帰省中です。
特に妊娠初期に初感染すると流産・早産・脳や眼・耳などへの先天性障害をもった赤ちゃんが生まれるリスクが高くなります。

ちなみに妊娠前の感染は問題ありません。

注意が必要な食べ物
レアステーキ
ユッケ
馬刺し
鶏刺し
肉のパテ
ローストビーフ
生ハム
ジャーキー
生サラミ
生ベーコン
鹿刺し
鯨刺し
山羊刺し
加熱が不十分なジビエ料理
肉の炙り

特に注意が必要な感染源②リステリア菌

f:id:carino-mare-doo:20181217165547j:plain
減菌消毒されてない乳製品・スモークサーモンなどに付着している細菌です。
妊娠中は妊娠していないときよりもかなり高い確率で感染しやすくなるそうです。
胎盤を通じて胎児が感染した場合、流産・早産・新生児髄膜炎などを起こす危険性がある菌です。

注意が必要な食べ物
カマンベールチーズ
モッツァレラチーズ
ゴルゴンゾーラチーズ
山羊のチーズ
スモークサーモン
生ハム
未殺菌の牛乳

特に注意が必要な感染源③サルモレラ菌

f:id:carino-mare-doo:20181217165650j:plain
洗浄前の卵の殻などに付着している細菌です。
感染すると発熱・下痢・嘔吐などの食中毒症状を引き起こします。
妊婦さんでは、これにさらに子宮収縮が伴う事で流産・早産につながる危険性や脱水症状による栄養不足で胎児の成長を妨げる危険性も出てきます。
注意が必要な食べ物
割ったまま放置した生卵

水銀を含む食べ物

f:id:carino-mare-doo:20181217161747j:plain
大型の回遊魚は食物連鎖の家庭でメチル水銀濃度が高くなります。
胎児は水銀を排出できないので一定量を越してしまうと中枢神経に影響を及ぼすとされています。

しかし魚は良い栄養を含むので積極的に食べてほしい食材なので種類と頻度に注意してバランスの良い食事をしましょう。

注意が必要な魚(週1~2回程度ならOK)
メダイ
真カジキ
ユメカサゴ
ミナミグロ
ヨシキリザメ
クロムツ
キンメダイ
クロマグロ
メバチ

カフェインを含む飲みも

f:id:carino-mare-doo:20181217172132j:plain
カフェインには血管収縮作用があるため妊娠中に大量に摂取すると流産する確率が上がり、低出生体重(2500g未満)になるといわれています。

がぶ飲みはやめたほうがいいですが、コーヒー1日2杯くらいなら大丈夫と言われます。

カフェインを含むもので1日に飲んでいい量の目安
ドリップコーヒー 2杯
インスタントコーヒー 2.5杯
玉露 0.5杯
紅茶 3杯
烏龍茶・煎茶・ほうじ茶 6杯
番茶・玄米茶 10杯

カフェインがほとんど入っていない飲み物

カフェインレスコーヒー
麦茶
ルイボスティー
黒豆茶
そば茶

アルコール

f:id:carino-mare-doo:20181217172639j:plain
胎盤を通じて赤ちゃんに届く!少量でもNG!
妊娠中にお酒を飲むと、お腹の赤ちゃんが「胎児性アルコール症候群」をおこす危険性があります。

流産・死産・小頭症・精神発達の遅れなど先天性の異常などを起こしやすくなります。

妊婦の私がおすすめするノンカフェイン飲料

f:id:carino-mare-doo:20180922221536j:plain
【第一子を妊娠中からお世話になっているノンカフェインのお茶グリーンルイボスティー】

癖が無くとても飲みやいお茶です。
妊婦さんに必要な栄養素が盛りだくさんなので、妊娠中の現在もお世話になっています。

ノンカフェインなので1歳0か月の息子もおいしく飲んでいるので家族全員で楽しめます。

ぜひお試しくださいね♪
関連記事
happybabycelebration.hatenablog.com